デリケートゾーンの悩みは症状ごとで改善方法が変わる

婦人

コンテンツ一覧

優しく丁寧に洗う

ウーマン

あそこを洗う時には専用の石けんをよく泡立てて優しく洗うことが大切です。強く洗ってしまうと体内の自浄作用が弱まってしまうため、余計に臭いが強くなる危険性があります。

詳細を確認する

異常を見逃さない

レディー

おりものの臭いが普段よりも強い場合は病気である可能性が高いので、なるべく早く医師の診察を受けましょう。性行為だけではなく、デリケートゾーンに細菌が侵入することでかかることもあります。

詳細を確認する

痛みが軽減される

ヒップ

オーガニック素材でできた布ナプキンは肌に優しく、化学物質も含まれていないため、生理時の痛みやストレスを軽減します。子宮を布ナプキンで温めることで新陳代謝も上がります。

詳細を確認する

菌を繁殖させない

女の人

デリケートゾーンに悩みを抱える女性は少なからずいます。かゆみやムレ、かぶれなどは生理時に特に気になるものですが、日常的に抱える悩みも多いです。それぞれの症状によって解決方法が異なるので、自分の症状を把握して対処しましょう。まず、デリケートゾーンのにおいが気になる場合の主な原因は雑菌の繁殖にあります。おりものや生理時の経血には雑菌が繁殖しやすいです。おりものや経血自体にはにおいがほとんどありませんが、雑菌が繁殖するときに出すものがにおいの原因となっています。デリケートゾーンを清潔に保つことで雑菌の繁殖を防ぎ、においの元を断つことが可能です。生理時にはナプキンを着用しますが、雑菌を繁殖させないためにはこまめに取り替えることが大切です。経血量が多いときは頻繁に交換するという人も、量が少ないときはあまり交換しないことがあります。経血がついていないからといって長時間交換をしないと水分がナプキンにたまり、そこに菌が繁殖してしまいます。経血量の少ない日でもこまめにナプキンを交換しましょう。生理時以外に雑菌の繁殖を防ぐにはおりものシートが活用できます。おりものが下着に付着したままではにおいが発生してしまいますが、シートをこまめに交換することで下着を清潔にすることが可能です。
下着を清潔にすることの他にも、デリケートゾーンを洗浄によってきれいにすることでにおいを取り除くことができます。デリケートゾーンを洗う際にはいくつかの注意点がありますが、まず専用の石けんを使用することが大切です。一般的に市販されている石けんはアルカリ性のものが多いですが、それをデリケートゾーンに使用してしまうと体内にもともと備わっている菌の増殖を防ぐ働きが弱くなる危険性があります。膣内の殺菌作用を弱めないように、石けんは弱酸性である専用のものを使用しましょう。洗う時にはなるべく刺激を与えないよう優しく洗ってください。